アパートの投資物件を探すときには条件をまず決めよう

貯金箱

空室対策ができる

握手

不動産投資をするときに空室が一番の問題になります。この空室がなければ不動産投資はメリットが大きいでしょう。毎月安定した不労所得を得ることができるので、年中遊んで暮らすことが可能です。この空室という問題を引き受けてくれるのが賃貸保証会社です。保証料を払うだけで空室の問題を賃貸保証会社が負担してくれるのです。契約を結べば空室があってもなくても一定の家賃収入は入ってくることになります。しかし賃貸保証会社と契約するときには気をつけるべきポイントがあります。まず賃貸保証会社がしっかりとした経営をしているかどうかということです。倒産をしてしまうと、家賃収入を得られなくなってしまいます。なので、保証会社の経営状況を確認するようにします。また、家賃収入を減額されてしまう可能性があります。通常だと家賃は固定されているのですが、保証会社から減額の相談をされてしまうことがあるので、そのような場合は別の賃貸保証会社と契約を考えたほうが良いでしょう。
ところで、不動産投資のメリットを知らない人もいるのではないでしょうか。まず、不動産投資をすると家賃収入が入ります。これは働いて得られる労働収入とは違い働かなくても得られる収入になります。不動産を借りる人は数年住むことが多いので安定して家賃収入を得ることが可能です。また、株式投資よりも高利回りなことが多いです。不動産はインフレに強く円の価値が下がっても不動産の価値は下がりにくいです。